食の楽しさを伝えるために|フードコーディネーターの資格を取ろう

調理器具

食のプロを目指して

調理

食のプロになるための勉強

フードコーディネーターは、いってみれば食のなんでも屋さんです。芸能人がフードコーディネーターの資格をもっていたりして、テレビでも話題になっています。フードビジネスは幅広く、活躍の場もたくさんあります。そしてフードコーディネーターになるための学校も多くあります。専門学校では、様々なカリキュラムが組まれています。まず基礎講座では、フードコーディネーターとして必要な栄養学の基礎知識、最近の食の流行、料理教室を開店するノウハウなどを学びます。その他に、商品開発についての講座では、商品開発の基本プロセスやマーケティングを知り、売れる商品の仕組みを学びます。他にも、レストランのプロデュース講座では、開店への知識とスキル、具体的には店舗設計やメニューの企画開発などを学びます。フードスタイリング講座では、料理を美しく見せるための盛りつけ方、テーブルコーディネート術、撮影テクニックなどを学びます。講座の名称は学校によって色々ありますが、大きくわけて、2つに分かれています。一つ目は、料理そのものを美味しく衛生面でも安全に提供するための知識と技術です。2つ目は、料理をアピールするための知識と技術です。いくら素晴らしい料理を用意してもお客様に選ばれなければ意味はありません。美味しさや安全性などその料理の価値を、適切な形でアピールできる知識や技術を身につけることが必要です。1レッスンの人数も学校によって変わってきますので、カリキュラムを確認されたうえで実際のレッスンを見学されるとよいでしょう。