食の楽しさを伝えるために|フードコーディネーターの資格を取ろう

男の人

資格を取得できる

女性

調理関係の専門学校に通うことで、調理師免許や栄養士の資格などを取得できます。また、進路も明確になります。特に、食の栄養素などをきちんと学べるところがお得です。食材の活かし方や栄養バランスなども学びましょう。

食育資格をゲットしよう!

女の人

フードコーディネーターを目指している人におすすめしたい民間資格があります。それは、日本フードコーディネーター協会(FCAJ)が認定している民間資格です。この資格を取得するには、専門スクールや管理栄養士養成コースを設けている大学への進学を検討しましょう。

食のプロを目指して

調理

食としてのプロであるフードコーディネーターの需要は年々高まっています。フードビジネスは多岐にわたりますので、専門性を身に付ければあらゆる分野で活躍できます。学校のカリキュラムはさまざまですが、料理そのものの価値を上げるための授業とその料理の価値を伝えるための授業があります。

食のプロフェッショナル

料理

食の楽しさを発信

フードコーディネーターは、近年人気が高まってきた専門資格です。食に関する資格は年々取得希望者が増える傾向があり、学生から主婦層、高齢者まで学習を始めています。フードコーディネーターの資格は、身近な食が主なテーマです。このような親しみやすさも、現在のようにフードコーディネーターの資格が人気を集めている理由です。日本の食文化だけでなく、フードコーディネーターになると海外諸国の食についても学ぶ機会が持てます。コンテストやイベントの仕事を任されるケースも少なくなく、食のプロとして世界をまたにかけた活躍が期待出来ます。このような点に惹かれる方が多い昨今、フードコーディネーターは若い世代からも支持されている資格です。飲食店を経営するためのノウハウや食卓の演出、盛り付けなどもフードコーディネーターの試験では問われます。総合的な知識をチェックして、合否が判定される仕組みです。食に関する資格は比較的取っ付きやすく、低コストで取得が出来るという利点があります。フードコーディネーターの資格の場合は、若干取得費用がかかりますが、社会的な認知度の高さから、注目されている状況です。お洒落なイメージがある点も、フードコーディネーターの魅力です。撮影する料理の盛り付けやメニュー内容を考案する仕事もあり、センスを存分に生かせる華やかな仕事とも言えます。何かと人前に出る機会が多く、自身のアピールがしやすい食の専門職です。